司法書士の働き方

司法書士になるには試験に合格し、資格を取らなければならない・・・という話を前回しました。
では、資格を取ったあとは司法書士はどのように働くのでしょうか??

司法書士として働くには、大部分の人が「司法書士事務所」に所属する事になります。
司法書士事務所とはどのようなものかというと、司法書士が多数あつまって事務所を開き、そこへいわゆるお客様が相談を持ち込み、その相談を所属する司法書士の得意な分野ごとに割り振って悩みを解決し、報酬をいただく・・・というシステムであることがほとんどです。
また、司法書士事務所の求人も様々で、司法書士事務所自体が何らかの方面で特化している場合もあれば、マルチな司法書士事務所の中でもある分野に特化した司法書士を求めている場合もあります。
最近求人が増えているのは、債務整理や過払い請求に強い司法書士に対する求人です。要は借金関係を楽にするための司法書士ですね。

また、司法書士事務所に就職する以外にも、一般企業の法務担当やコンプライアンス担当としての求人もあります。この場合は個人の悩み相談という感じではなく、企業の権利関係の仕事です。主に書類を作成したりします。
一般企業の法務担当に関しては、新卒募集(あまり見かけませんが)以外はほとんど「司法書士としての経験が長い人」が優遇されるようです。また、司法書士としての活動でも、企業に勤めた経験がないと応募資格自体がない、という場合も多いようです。

Comments are closed.