研修期間

行政書士、司法書士、弁護士。どの職も法律に関する職業である事に違いは無いものの、それぞれ仕事内容のレベルが全然違います。

各役職ごとに携われる業務内容が法律で決まっていて、正当な理由があれば依頼を断る事もできます。

司法書士試験に合格しても、当然すぐに自分の事務所が持てるようになるわけではありません。

いくら知識があっても経験が不足していればすぐに躓いてしまいます。

なので、まずはアルバイトという形でプロの司法書士さんの事務所を巡って雇ってくれるところを探すわけですが、その前に自発的にいろんな研修を受けておいた方が良いみたいですよ。

kaigi司法書士試験の最終合格発表は11月。その後合格証書の授与式があり、12月の初旬には基本的な実務経験を積む為の最初の研修期間が設けられるそうです。

その後もう一度、今度は1月に司法書士会の新人研修があります。

どちらの研修も参加は自由ですが、受講しなかった場合司法書士会に登録する際の面接で理由を尋ねられたり色々と不利になってしまうかもしれないようです。

一度目の研修に比べると、2度目の研修は司法書士としての基礎業務よりもわりと新しい分野を中心に体験できる上、飲み会などもあるそうで仲間作りも兼ねているような感じだったとか。

どんな職であっても人脈っていうのは大事ですからね。

更に研修は続きます。2月に入ると簡裁訴訟代理権取得に必須となる100時間研修と呼ばれるものがあり模擬裁判なども経験できるんだそうです。

3つ全ての研修を受講しようと思ったら20万円程かかるんだとか...。

ですがどれもとても良い経験ができますしこのあと仕事先を探すにあたって面接で有利になります。

どうしても無理というわけでないのなら是非全て受けておくようにしましょう。

Comments are closed.