司法書士と行政書士

司法書士と同じくらいよく耳にする行政書士ですが、この二つの職業にはとても大きな差があるんです。

まず年収ですが司法書士が平均1400万円なのに対して行政書士は平均100~200万円しか稼ぐことができません。

収入の違いはそれぞれの職に就く難易度が大きく関係しています。

pen行政書士の試験は法学部が一ヶ月もあれば取得することができますが、司法書士試験は司法試験に次ぐ難易度で名門大学の法学部を卒業した人でも通常3~5年はかかるんです。

業務にも当然違いがあります。

行政書士は運転免許書や婚姻届などといった簡単な許認可申請書類の作成が主な業務となりますが、司法書士は裁判関係の書類の作成、登記の代理、140万未満の民事事件訴訟の代理といった行政書士に比べるとかなり大きな業務を担当しています。

更には近年では債務整理が司法書士の主な仕事となっていますのであれだけ収入にも差が生じるんですね。

余談ですが違いのひとつとして司法書士は司法書士会に会費の納入義務があるということを記入しておきます。

これだけ年収に違いの出る司法書士ですが、試験に合格したその年にそんな高収入を得られるというわけではありません。

コネも何もなく開業しても当然どこからもお客を紹介されることはありませんし、開業経費もかかるので初年は赤字となることも。

それなりに安定した収入を得るまでには長い道のりがあるんだそうですよ。

Comments are closed.