司法書士と過払い請求

司法書士が借金の整理の相談に乗るにあたって、色々と手段を提示してくれます。過払い請求や、債務整理、任意整理など・・・
今日はその中でも、関係する人が一番多いだろう可払い請求についての話をしようと思います。

過払い請求とは、借金の返済中、あるいは返済後に「利息制限法と出資法という、2種類の法律の矛盾点をついて借金をゼロにした上、本来ならば支払う義務のなかったお金を返済してもらう」という、借金返済に苦しむ人にとってはとても素晴らしいシステムのことです。
借金がなくなった上にお金が帰ってくるのであれば、借金をするだけしてすぐに過払い請求をすればいいのでは・・・と思う人もいるかもしれませんが、過払い請求ができる人というのは条件に当てはまる人だけです。
つまり、ある程度の金額(状況によるのではっきりとどれくらい、とは言えないが)の借金があり、なおかつその借金の返済を5年~7年ほどしている必要があります。また、お金が返ってくるといっても、支払った金額がすべて返ってくるわけではないので注意が必要です。

過払い請求は自分でおこなうことも可能ですが、借金をしている業者に問い合わせをして取引履歴を出してもらう必要があり、その際に個人が相手だと業者も情報の開示を渋ることがあるなど、なかなか過払い請求が捗らない、またおまとめローンを利用していると返済額が減る可能性があるなど問題点があるので、やはりその道のプロである司法書士に依頼するのが安心ですね。

Comments are closed.